金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2005.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2006.01≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
「 2005年12月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.12.31 Sat
東証年間で株価40%上昇
東証の株価は、企業業績向上、外国人投資家や個人投資家の積極的な取引により、昨年末と比較し約40%上昇しました。

東証一部の売買代金は年間459兆円で過去最高の出来高です。

私の周囲でも株取引を開始した人が随分増えました。
投資家のすそ野が広がるのはいいことですし、PER、ROEなどの指標をみる限り、一部の企業を除いて、まだ上昇の余地は大きい筈です。

但し、ジョージ・グラハムも言うとおり、主婦や学生などがなけなしの金をはたいて投資するような事態になれば、既に株価が頂点に達しているのではと疑ってみることも必要でしょう。

やはり私としては、日本株よりも、中国株、インド株、FXに注目したいと思います。
スポンサーサイト

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2005.12.30 Fri
年賀状
20051230174211
こんにちは、管理人です。

2005年も暮れ、管理人も年賀状を書こうとしてます。

毎年書こうと思えば邪魔が入ったり気が散ったり、なかなか思うようにはかどらないものです。

また家にプリンターがない管理人は住所も手書きですが、急げば急ぐほど焦って書き間違えたりしがちです。

そうは言っても、キチンと年賀状を出したいし、気の利いたコメントは相手にも喜んでもらえますからね。
頑張って書かないとね。

あ、また住所書き間違えた・・・

コーヒー(その他)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.29 Thu
ショック
先程外貨預金用にお金を振り込もうとしたら、簡単に出来なかった。

株式資金と違い、何故かお金の出所まで求められる勢いでした。あまりいい気分じゃないけど、ブラックマネーかどうか慎重に見極められたのかな?加えて外為取引業者に不正が相次いで規制が強化されたのか?

結局入金出来ず。帰ってマニュアル見直します。

ミート(FX)    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2005.12.29 Thu
バーチャルFX:経過報告③
円安傾向にありながら、輸出企業の円買い(決算対策!?)がその影響を打ち消し、米ドル・円はほとんど動かず。

豪ドル・NZドルのサザンクロス売買を試行するも、NZドルのみ売り執行されるという非常に中途半端な展開に…

しかし、このとこと「仕事」「仕事」「仕事」の毎日。疲れた。

とにもかくにも仕事納め。
とにもかくにもお疲れ様でした。
明日実家に帰ります!

ユーロ・円 買1万 @138.11
米ドル・円 買1万 @116.37
ユーロ・米ドル 買1万 @1.1870
豪ドル・円 買1万 @84.75
NZドル・円 買1万 @78.28
(12,28new!)NZドル・円 売5万 @80.00
ポンド・円 買1万 @201.55

①スポット損益 +60,571円
②スワップ損益  +3,409円
③トータル損益 +63,980円(①+②)
④トータル損益 +46,980円(①+②-手数料)

ミート(FX)    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.28 Wed
凄いぞオリックス!!!
 清原と中村が入団したオリックスの本社株価が27日、終値で東証上場来最高値の30,800円を記録しました。
 本業が堅調な上、NK砲の入団も高騰を後押ししたようです。実際、清原が入団を表明した20日は前日比1,040円高の28,870円、さらに中村が入団会見を行った21日は前日比1,060円高の29,930円で取引を終えています。また、これまで100株だった株式投資単位が今月から10株に引き下げられたことで、一般投資家も買いやすくなった(最低価格が300万円→30万円程度)ことがあるとみられます。
 
 小泉球団社長も「コメントしにくいが、久々の明るいにニュースに変わりはない。一般の方もそのように考えてくれているのなら、うれしいことです」と話してみます。
 
 これに加えて、オリックスはさらにローズ加入も狙っているとか。史上に残る「超重量打線」になるかもしれませんし、怪我ばかりで存在感を発揮しないかもしれないし、とにかく来期のオリックスは注目の存在ですね!

パン(その他スポーツ)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.28 Wed
バーチャルFX:経過報告②
いやぁ、全般的に円安に触れ、想定上はプラスです。
しかし、日経にも各ブログにも、ポジションについては確定めいたことは書かれていません。それだけ難しい相場なのでしょう。

年内は、これで終わりかな!?

ユーロ・円 買1万 @138,11
米ドル・円 買1万 @116.37
ユーロ・米ドル 買1万 @1.1870
豪ドル・円 買1万 @84.75
NZドル・円 買1万 @78.28
ポンド・円 買1万 @201.55

①スポット損益 +32,144円
②スワップ損益  +2,752円
③トータル損益 +34,896円(①+②)
④トータル損益 +22,896円(①+②-手数料)

ミート(FX)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.27 Tue
バーチャルFX:経過報告①
バーチャルFX。
12/23に買い付けた外貨のポジション中間報告です。

(12/24new!)ユーロ・円 買1万 @138.11
(12/24new!)米ドル・円 買1万 @116.37
(12/24new!)ユーロ・米ドル 買1万 @1.1870
(12/24new!)豪ドル・円 買1万 @84.75
(12/24new!)NZドル・円 買1万 @78.28
(12/24new!)ポンド・円 買1万 @201.55

①スポット損益 +8,637円
②スワップ損益 +2,064円
③トータル損益 +10,701円(①+②)
④トータル損益 -1,299円(①+②-手数料)

まだ手数料を考えればマイナスなのですね…
しばらく放置します。

ミート(FX)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.26 Mon
セブン&アイ・ホールディングスとミレニアムリテイリングの経営統合について
 セブン―イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂などの持ち株会社「セブン&アイ・ホールディングス」と西武百貨店などを傘下に持つ「ミレニアムリテイリング」は25日、経営統合することで方針を固めました。

 セブン&アイがミレニアム株を取得する形の統合で、事実上の買収。統合後の売上高は4兆5000億円に達しイオンを抜いて国内小売業トップで、新たな流通業界の再編につながる可能性もあります。
 経営統合が実現すれば、百貨店とスーパー、コンビニエンスストアなど小売業としてのラインアップがそろった総合流通グループになり、これにアイワイバンクも加われば金融までメニューが揃うことになります。一方西武百貨店は、大手百貨店「そごう」を救済。経営が悪化していた西武百貨店自身も、05年2月期には171億円の経常利益を上げ、債務超過状態を解消しました。いわば身綺麗になった状態になっています。

 セブン&アイとミレニアムは、相互の弱点を補完するとともに、百貨店とスーパーの相乗効果を生かし将来の成長戦略を描くため、提携にとどまらず経営統合すべきだとの判断で一致したとみられます。

サラダ(日本株/経済)    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.25 Sun
アクセスカウンタを変えました!
 管理人です。

 さて、気分一新およびその使いやすさに着目し、ITギアさんのアクセスカウンタに変えてみました。

 最大2週間のアクセス数グラフィカルに分かるため、伸びているのか減っているのかといった変化がわかりやすいのが最大の理由です。

 しばらくは併用でやってみます。カウントの方法が違うため数字が違うこともありますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

コーヒー(その他)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.25 Sun
今冬の戦利品
こんばんは、管理人です。

有馬記念のディープインパクト、あっさり負けてしまいましたね。
まさか負けるとは思いませんでしたが、これも見る側の身勝手なのでしょうか!?

さて、この冬に買ったものを載せます。


200512251945072


・サムソナイトの「Prof Line Deluxe Mobile Office」サイズはM(L38×H55(ハンドルつきでH120)×W20 36.0、4kg)。

帰省のときに、今までのバッグはキャスター付きでなく、抱えると重くて仕方なかったので、思わず買ってしまいました。



20051225194507


K2「CLASSIK Triaxical」サイズは153cm。

今流行りのカービングスキーで存分に滑れたいと思い、会社の知り合いより入手しました。先端からかなり丸みがあります。

この他、帰省費用、奨学金の返済、コンタクトのまとめ買いなど、あっという間に17万ほど使ってしまいました。

コーヒー(その他)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.24 Sat
清原&ノリ加入の効果のほどは!?
  オリックスに、清原和博(38)、中村紀洋(32)両内野手の入団発表以降、ファンクラブ事務局にそれまでの10倍となる1日300件の問い合わせが殺到していることが23日わかりました。

 まあ、大阪生まれの清原の加入にはファンも諸手を上げて喜ぶのでしょうが、同じ大阪生まれとはいえ、中村の場合には昨年退団した経緯を考えれば、その効果は疑問でした。しかしながらファンクラブには、今月1日の募集開始以来すでに2,000人以上が登録しているとか。今季の会員数が3万人程度だったことを考えると、凄い勢いです。

 今季入場者数はリーグ3位の135万6,156人、来期はこれを上回るのは確実でしょう。対西武(昔、清原在籍)、対巨人(同じく、昔清原在籍)、対阪神(関西対決)、対ロッテ(日本一チーム)、対楽天(野村監督との対決)などいくらでも盛り上がりそうな感じですね。両選手の活躍次第ですが、交流戦のある梅雨明けまでは話題も持つでしょう。

 オリックスもなかなかの商売上手。推定でしかありませんが、両選手とも今期年俸を大幅ダウンしての契約、しかも2年契約らしく、これぐらいの大物選手にしては小ぶりな契約内容で、リスクも比較的少なめといえそうです。



 個人的には村松の「3」を清原に渡し、そして「5」を中村に渡し、村松は「8」とかにすれば、もっと盛り上がるのにと思うのですが、いかがでしょうか…

パン(その他スポーツ)    Comment(0)   TrackBack(4)   Top↑

2005.12.24 Sat
有馬記念:ディープインパクト狂想曲
 さて、競馬ファン待望のグランプリ、有馬記念。発走は明日25日、中山競馬場の9R(15:25)になります。

 話題の中心はなんといってもディープインパクト。この「衝撃の深さ」が経済的に如何に大きなものであったか、エピソードを書き込みます。




(1)単勝オッズ(単勝馬券)にまつわる話

・22日、ディープインパクトが無敗3冠を達成した菊花賞(10月23日)の的中馬券の払い戻し期限を迎えましたが、100円元返しという圧倒的支持を受けた単勝馬券は、何と5639万8000円が未換金。この金額は全体の5.03%にも上ります。

・有馬記念金曜発売の最終オッズは単勝1.4倍。三冠馬らしい支持率ですが、驚くのは単勝の1.4倍に対し、複勝に1.5~2.0倍。一般的に的中率が高い分、単勝に比べて配当が低いのが複勝。それが逆転しているのは記念馬券を含めディープの単勝が多くのファンに買われている証しです。

 これからみるに「ディープは負けない」ことが神格化され、お守り、記念グッズのように扱われているようです。無論、新馬戦からの名前入り単勝馬券をセットにして、オークションにかける例もあるようです。

(2)入場券にまつわる話

・有馬記念当日の入場券(定価200円)が売り切れ、オークション最大で20倍4,000円、普通でも6,7倍で販売されている模様。

・三冠を達成した菊花賞の入場者数は、前年(75,110人)比+82.0%の136,701人で、1996年の126,112人をも上回る、菊花賞史上最多を記録。

 明日の自由席の入場券を手にした方のうち、少なからずの人は今から並んでいることでしょう。記録的な寒波が襲うなか、くれぐれも風邪には気をつけてください。


(3)馬主にまつわる話

 ディープインパクトの馬主は金子真人氏。株式会社 図研を経営しています。
 
 ディープインパクトが稼いだお金は本賞金4億9,300万円、付加賞金1億1,710円。3歳馬であればこれだけでも十分すごいですが、影響はこれだけにはとどまらない。

 日本ダービー直前でで997円だった図研の株価が、ダービーを勝つと1,071にまで急騰。 逆に菊花賞直前には1,339円だった株価が、三冠達成後に1,251円にまで急落。これにはカラクリガあって、菊花賞の時は買い越しを見込んで、その1週間前に最高値(1,350円)をつけていたそうです。いやはや、皆さん抜け目がありませんね。というより、相場を決める要素として、ファンダメンタルだけではなく、トレーダーの心理的なものを無視することが出来ないという意味がよく分かります。




 肝心の予想ですが、菊花賞から十分な休養をとるディープに対し、有力古馬勢がレコード決着だったジャパンカップの疲労が抜け切らないのではという懸念、また3歳馬が重量2kgのハンデがもらえることを勘案し、ディープが史上初の無敗でグランプリを制覇すると考えます。相手は今秋裏路線で疲労の少ないデルタブルース。果たして結果は!?

パン(その他スポーツ)    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2005.12.24 Sat
FX:ついに取引開始か!?
とりあえず、外為どっとコムでバーチャルFXを体験しようかと。
まずは取引になれるために、適当に操作しました。

NZドル・円  :買 1万 @78.28
豪ドル・円  :買 1万 @84.75
ユーロ・米ドル:買 1万 @1.1870
米ドル・円  :買 1万 @116.37
ユーロ・円  :買 1万 @138.11

さて、どうなるでしょうか?

ミート(FX)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.23 Fri
日銀総裁、量的緩和政策解除に再び意欲
 日銀の福井俊彦総裁は22日、都内で講演し、金融の量的緩和政策の解除に対する意欲を改めて明らかにしました。
 福井総裁は、景気や物価の安定を確認したうえでの量的緩和政策の解除により「むしろ金利が市場のなかで自然に形成されるようになり、経済の活性化を促す方向に働く」と述べ、経済にプラスになるとの見解を示しています。

 消費者物価指数(CPI)に関しては「先行きはプラス基調が定着していく可能性が高い」と指摘。
 日銀はCPIが安定的に前年比ゼロ%以上になれば量的緩和を解除する方針で、総裁は改めて来春にかけての解除の実現性に自信を見せています。

 ご存知の通り、政府はバブル崩壊の悪夢が残像に残っているからか、量的緩和にとても慎重です。一方、経済同友会は、それぞれの事業のリスクを見極めた上での健全な貸し出しを損なうことになり、健全な市場経済の実現を妨げるその結果、構造改革の進展を遅延させるという意見の下、量的緩和政策の解除を求めています。

 私も最近の日経平均の上昇(外国からの買いも強気一辺倒)、企業収益力工場などの好材料に加え、肝心の銀行の収益が改善していることを鑑みると、来春解除しても急激に景気が悪化するとは思えず、政府の思惑とは異なり、解除は不可避のように思えます。

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.23 Fri
日本株:カブドットコム、自動売買注文システムを開発
 カブドットコム証券は、一定条件に達すれば自動的に売買注文を出せるシステムの特許を取得しました。

 恐らく頻繁に売買を繰り返すデイトレーダーは、法人個人を問わず自動売買の仕組みを構築していると思いますが、ネット証券が開発し、特許まで取るのは例がないとのことです。
 東証が富士通に委託しているように、証券会社自らがシステム開発をしているとは知りませんでした。具体的にどんな仕組みなのかは見ていませんので、家に帰って早速確認したいと思います。

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.23 Fri
日本株:投資サービス法とは!?
 金融審議会が金融商品を幅広く規制する「投資サービス法」の骨格を示しました。

 元本割れの可能性のある商品を対象に、リスクを事前説明し投資家を保護するのが目的です。

 投資には為替、政策、金利、国家リスク、コンプライアンス、場合によっては天候、災害など様々な変動要素があります。
 自らの将来設計を考え、一定のリスクを取って資金を投入する投資家には、キチンとした情報開示とともにリスクをキチンと説明しなければならないのは言うまでもありません。

 ただ、ネットなど個人投資家にとっては、情報入手も含め以前と比較して便利な環境も増え、申し込みから口座開設まで顔を合わせることもなく、場合によってはリスクをキチンと理解せずに投資を始められるとも事実です。
 ですから事前にしっかり学習し、リスクに備える必要があるのは、これもまた言うまでもありません(ある意味自分に言い聞かせています)。

未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.22 Thu
日本株:関東エリアの公共交通、共通のカードで乗車可能に
 JR東日本と東京モノレール、東京臨海高速鉄道、パスモは21日、2007年3月より順次、お互いの利用可能エリアを乗り降りできるIC乗車券の相互利用サービスを開始することを発表しました。
 
 現在関東の私鉄各社で利用できるパスネットと、東京・神奈川・埼玉・千葉のバス各社で利用できる「バス共通カード」の機能を合わせた非接触ICカード「PASMO(パスモ)」を新たに発行し、Suicaと相互に互換性を持たせます。これにより、現在Suicaやパスネット、共通バスカードで利用している路線が、1枚のICカードで乗り降り可能になります。

 誰もが思っていた利便性であり、実現すればみんなが喜ぶグッドニュースです。各社の改札とか、新たな投資がどの程度かかるのか、チャージの上限額をどうするのかがネックですが、すごく楽しみですね。

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2005.12.21 Wed
プラットフォームと検索はうまく融合出来るのか!?
 20日Time Warnerは、同社が所有するAmerica Online(AOL)に対し、Googleが10億ドル(5%相当)の出資をすると発表しました。
 AOLとの提携についてはGoogleのほか、Yahoo!、Microsoftが名乗りを上げていましたが、最終的には検索エンジンで結びつきの強いGoogleが提携を深めた形となりました。

 両社は3年前から検索エンジンにおける提携を結んでおり、今回の出資を機に広告戦略におけるアライアンスを強め、Google TalkとAIMの相互乗り入れ、AOLコンテンツのGoogleユーザーへの提供なども実現します。Googleでの検索結果にAOLの広告を入れることができるようになり、AOLにとっては10億ドルとともに大きな果実といえます。
 
 プラットフォームと検索というネットでの王道を行く提携であり、一見ライバル会社に与える衝撃は大きいように思われます。
 
 ただ、いろいろ記事を見ていると、AOL、Googleともにこの提携が必ずしもプラスになるとは見ないアナリストもいるようです。つまり、プラットフォームと検索それぞれが巨大な力を持つからこそ、特定の相手先との提携は「中立」という立場を失い、色がついてしまうということらしいです。 
 現にAOLの主要株主で、ヘッジファンド投資家でもあるアイカーン氏は、CATV部門を完全にスピンオフし、すぐに200億ドル分の株式を買い戻すよう求めていました。アイカーン氏は今回の出資により、AOLがGoogleとの提携にとどまり、BayやYahoo!、IACとの提携の可能性が無くなる事を懸念しています。

チーズ(日米欧BRICs全般・総合)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.21 Wed
日本株:三洋電機の再起策~第三者割当増資の方針固まる
 経営再建中の三洋電機が三井住友銀行、米ゴールドマン・サックス・グループ、大和証券SMBCに対し、約3,000億円の第三者割当増資をすることが固まりました。
 3社が引き受けるのは優先株が中心になり、三洋に取締役の派遣を検討しています。増資規模は11月時点で2,000億~3,000億円。株主割り当ても考えると発表していましたが、3金融グループへの割り当てだけで目標額の上限を確保するメドが立ちました。
 増資により、今年9月末で6%台に低下した株主資本比率(連結)は16~17%に回復する見通し。
 
 金融子会社の三洋電機クレジットの株式の一部を米投資銀行のゴールドマン・サックスグループに売却する方向ですし、白物家電では中国家電最大手の海爾(ハイアール)集団と合弁新会社を設立し、生産移管を進めることで協議に入っております。
 当面不採算事業の処理と増資には目処が立ちましたが、CFOの交代をはじめとした社内の結束力の問題、ブランド力の低下など本質的な課題は残っており、これだけで株価に反映されるかどうかは不明です。
 
 これから本格化する経営再建を見守りたいと思います。

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.21 Wed
日本株:機関投資家の大量保有開示義務を強化へ
 金融庁は20日、株式を5%超保有した投資ファンドなどに義務づけている大量保有報告書の提出ルールについて、開示の頻度を現行の3カ月ごとから2週間ごとに縮める調整に入ったとのことです。一部ファンドの動向がわかりにくいとの批判に対応するものです。

 金融庁は証券関連団体などに改正案を示しました。現行では、ファンドや証券会社は5%を超えていても3カ月に一度の開示で済みますが、2週間に一度、売買している株式のその時点での保有割合を計算し、5%を超えていれば5業日以内にその内容を開示するという内容です。
 
 まあ、ファンドや証券会社のポリシーにも長期保有派・短期保有派がありますが、頻繁に売買を繰り返す場合、報告開示義務はつらいでしょう。ただ、ここにきて個人投資家の投資熱が上がっており、不公平感を和らげる必要があることと、ルール変更によっても投資熱を冷ますことにはならないという読みもあるようです。
 
 無論、上場企業の経営者にとってルール変更が必ずしも有利に働くわけではありません。株主に誠意を持って対応し、株価価値を最大化させることこそが最良の対抗策ということは変わりはありませんからね。

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.20 Tue
中国株:香港証券取引所の資金調達
 香港上場の香港証券取引所(0388)上場委員会の黄紹開委員は、2005年のIPO(新規株式公開)の状況について、上場企業の数は04年より少ないものの、不動産投資信託(REIT)や中国建設銀行(0939)など大型上場、注目銘柄が重なったことから、上場企業による資金調達額が記録を更新する見通しを明らかにしました。
 
 そういえば、この後も中国銀行が香港市場への上場を考えており、IPOの募集価格を、中国建設銀行(0939)の時価プラス、マイナス10%に設定する模様。北京銀行も(上海、深セン、香港のいずれかは未定ですが)上場を予定しているそうです。
 
 同委員の予測によれば、2005年全体の資金調達額は3,000億香港ドルに達する見込み。そのうち、1,700億香港ドルがIPO絡みだそうです。またQさんのサイトにもありますが、観光・投資など、大陸からお金の流れてくる香港がその地位を上げつつあるようです。

 最近株価が軟調気味とはいえ、これからも香港の動向は注目です。ついでに自分の持っているデンウェイやアンガンニュースチールの株価も注目です!

フィッシュ(中国株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.20 Tue
日本株:東証が上場方針を事実上凍結
 東京証券取引所は19日、株式売買システムの障害が相次いだ事態を受け、2006年度に計画していた株式上場の計画を凍結する方針を固めました。

 東証の鶴島琢夫社長は同日開かれた東証の株主に対する説明会で、東証の上場問題についての株主の質問に対し「まずは市場の信頼を取り戻すため、システムや運用方法の再構築が必要だ」と述べ、当面はシステム障害の再発防止などを最優先させる必要があるとの考えを示しました。

 この前書いたロンドン証券取引所の買収の話もあり、東証も上場問題をどうするのかなとは思っていましたが、まあ当然の選択といえるでしょうね。
 
 鶴島社長は本日付で辞任し、西室会長が兼任します。その西室室長はCIO(最高情報責任者)なる役職を新設し、人材を公募すると発表しています。聞き慣れない役職ですが、元東芝の経営者であった西室氏とすれば、これだけ何度もシステム絡みの不具合が出れば、これ以上放置することはできないと判断したのでしょうね。今後の動向を見守りたいと思います。

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.20 Tue
記事を変えつつあります!
 毎日ご覧になっていただく方には分かりますが、記事のアプローチを変えつつあります。まあ適当ではありますが…


①.中国株ではなく、FXを記事のメインに据える。
 中国株は上海Bの2銘柄を売却した以降、全然取引がありません。年末から年始に掛けて緩やかに上昇し、配当が確定した春先頃から下降線をたどると思いますので、そこまではガマンです。

 一方FXは、かなり力を入れて見ています。口座の開設も終わり、いざ取引を待つのみです。



②.記録を残すというより、事実に対する雑感を記す形にする。
 中国株、FXとも、その値付けをベースに記録をつけていたのですが、あまり面白いものでもなくすぐに飽きました。今は興味のあるネタに雑感(コメント)をつけてアップする方が、結果的にも勉強になると思っています。



③.他の方のブログを参考にする。
 これは特にFXでどんな指標を参考にしているのか、どんなポジションを持っているのか、あるいはどんな記事にしているのかをざっと眺めるだけでも勉強になります。特にトラバを張る時に参考にしています。


では、明日もがんばります!

コーヒー(その他)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.19 Mon
FX:東京市場の動向は!?
 19日の東京外国為替市場で円相場は5営業日ぶりに反落しました。
 
 円買いが先行しましたが、利益確定の売りなどの要因で反転しました。17時時点では前週末16日の同時点に比べて41銭円安・ドル高の1ドル=116円42―44銭で推移しています。
 東京市場のきょう1日の値幅はマイナス1円7銭と、2営業日ぶりに1円を超えました。
 
 本日、外為どっとコムの口座が開設されました。しかしながら、しばらくはトレンドを見極めるまでは投資せず、確認が必要ですね。

ミート(FX)    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2005.12.18 Sun
トヨタクラブ選手権~3位決定戦:アルイテハドvsサプリサ、決勝:サンパウロvsリバプール
20051218225712220051218225712

 まずは前座として、アルイテハドvsサプリサ。勝って3位を確保するのはどちらか?ちなみに元インテルのカロンもいます。

 サプリサが先制。その後は眠くてあまり観ていないが、観ていた限りではかなり面白かったと思う。サプリサが3-2で勝って3位を決めました。

20051218183316200512181833162

いよいよトヨタクラブ選手権決勝。南米と欧州の激突。勝つのはどちらか!?在日ブラジル人が多いためか、応援はややブラジル優勢か。試合開始前からうるさかった後ろのブラジル人が、試合が始まると更にヒートアップ。サンパウロがゴールを外しては看板を叩き、不利な判定には声を荒げる。友人が隣りでリバプールのマフラーをしていたので、こちらはヒヤヒヤでした。

 肝心の試合ですが、リバプールがサイドからジェラードやキューエルが崩しながらクロスをいれ、中央のガルシアやモリエンテスの頭に合わせようとするリバプール。これをかわし、中央でパス交換しながらカウンターでシュートまで持っていくサンパウロ。

 前半なかば、アロイジオが真ん中に通したスルーパスを受けたミネイロが落ち着いて決め、サンパウロが先制!!

 リバプールはその後攻めまくるが、ガルシアのヘッドがバーを叩いたり、サンパウロのGKロジェリオ・セニにスーパーセーブされたり、ゴールを決めたらオフサイドだったりで追いつくことが出来ず。サンパウロが初代王者につきました。一方のリバプール。欧州に戻ってのCLを見据え、ベニテス監督はシセやクラウチを出し惜しんだように見えたのは私だけでしょうか?

 MOMは多分ミネイロになるのでしょう。しかし私としては、フリーキックこそなかったものの、スーパーセーブ連発のロジェリオ・セニかなと勝手に思いました。

ビール(サッカー)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.18 Sun
いざサッカー観戦~まずは日本サッカーミュージアム
20051218151511420051218151511220051218151511


 今日はトヨタクラブ選手権決勝を観に横浜に向かいます。その前に友人と合流し、御茶ノ水にある日本サッカーミュージアムに行きました。

 懐かしのユニフォームがズラリ。93年カズや柱谷のユニフォーム。97年ジョホールバルで劇的ゴールの岡野のユニフォーム。この他にもロッカー内でのトルシエジャパンのミーティング、Jリーグゴール集など、垂涎の品や情報がズラリ!!!

 あの頃の熱い闘いを思い出し、いざ出陣!!!

ビール(サッカー)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.17 Sat
ハンターマウンテンde初滑り
2005121708390320051217125404今シーズンの初滑り。板も新調したので腕が鳴る。でも5年ぶりの長い板ということもあり少々不安。でもそんなことを言っても始まらない。さあ、雪山が見えてきました。頑張るぞ!





20051218000029220051218000029
休憩を挟み、約5時間色々なコースを滑って大満足。温泉、宇都宮の屋台を経て、23:30無事帰宅。ドライバーさん、お疲れです!







パン(その他スポーツ)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.17 Sat
毎日寒いですなあ…
 今週末は12月としては記録的な寒さ・積雪だそうです。
皆さんも風邪には十分気をつけて!
 
 そういう私も土曜はスキー、日曜はサッカー観戦と、寒さに震える危険度大です。気をつけて楽しんできます。



 
 YAHOOより抜粋:

 上空5000メートルの気温が氷点下42度以下となる今年1番の寒気が大陸上空にあり、17日午後から日本上空に流れ込む。19日にかけて非常に強い冬型の気圧配置となり、日本海側と東海、関東甲信越地方の山沿いでは24時間降雪量が40センチ~1メートルに及ぶとのこと。

 最深積雪量は16日午後3時現在で▽新潟県津南町231センチ▽同県湯沢町180センチ▽滋賀県余呉町157センチ▽岐阜県郡上市144センチ▽岐阜県本巣市135センチ▽広島県庄原市105センチを観測するなど、全国19地点で12月の最深積雪記録を更新。

コーヒー(その他)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.16 Fri
日本株:カネボウ、花王&投資3社連合に売却
 産業再生機構は16日、経営再建を支援していたカネボウとカネボウ化粧品を、花王と国内投資ファンド3社の連合に売却すると正式発表しました。入札に参加した陣営で最も高い4,400億円程度の応札額を示したこともさることながら、事業選択、継続性、従業員への配慮など、最も穏やかな再建策を示したことが評価されたのでしょう。
 
○主なポイント
・カネボウ化粧品とカネボウの出資関係は解消されます。

花王は最も欲しかったカネボウ化粧品を約4,100億円で取得。完全子会社として自らの化粧品事業との相乗効果を狙う。何といっても国内では資生堂に次ぐ、カネボウブランドは健在です。以前もカネボウを買収しようとしたほどですから、念願かなったということでしょう。

・カネボウはアドバンテッジパートナーズ、MKSパートナーズ、ユニゾン・キャピタルの3ファンドが出資する新会社が取得し、企業価値を高めた上で売却されることになるのでしょう。

「カネボウ」ブランドの権利はカネボウ化粧品(つまり花王)が保有し、カネボウにも使用を認めます。


 同社は再生機構の支援案件の中で最大規模であり、4,100億円超の公的資金を注いでいたもので、注入額を上回る売却額ですから機構は評価されてしかるべきでしょう。

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2005.12.16 Fri
中国株:トレーダーズ証券、web上での中国株の売買を停止!?
 なんと、トレーダーズ証券が年末をもって、中国株のweb取引(ネットチャイナ)を停止します。再開が未定ということは、事実上の閉鎖でしょうか。

 手数料は業界最低水準でありながら、銘柄の少なさ(100種程度)および売買制限(web注文でありながら、現地市場が開かないとオーダーできない)で全く使っていないので被害はありませんが、一体どうしたのでしょうか。

 諸般の事情って…誰か事情を知る人教えてください!

フィッシュ(中国株/経済)    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。