金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.11.06 Sun
際限の無い円安の進行について
 こんにちは、管理人です。
 日経新聞に為替相場の話がありましたので、少し言及してみます。

 4日、NY市場での円相場は1米ドル-118.30円と、年初より約13%も円安が進行しています。

 そもそも、なぜこんなに円安が進むのでしょうか?




①.日本国内外の金利差に伴う個人マネーの流出。


 ここのところ日本は、景気回復を旗印にずっとゼロ金利政策を続けています。そのため、企業が設備投資などでお金が必要になっても、かなり安い金利で借りることが出来るし、個人が住宅を購入する際にもバブル期と比較したらずっと安い金利で銀行から借りられます。

 見方を変えると、個人は銀行にお金を貯めていても、金利などほとんど付きません。逆に海外ではオーストラリアやニュージーランドなど、数パーセントの金利が付く国もあります。

 このことは、単純に一定期間お金を預けるにも、円から他国の通貨に替えておき、預入期間後再度円に戻せば、その金利差だけ設けることが出来るというわけです(注意:手数料は別途かかります)。

同じように、金利差を狙った海外の投資信託への投資も増えています(ある意味、リスクヘッジにもなりますしね)。


②.企業の輸入額が増加

 上記①の政策、および企業自身のリストラにより、企業の業績が急回復しています。そうすると、リストラのためではない、本業の業績拡大を狙った設備投資(一般機械、電子部品)を増やしたくなります。またほとんどすべての産業は原油価格の変動に影響を受けます。原油高になれば、原油を使用した製品の原価は高くなり、場合によっては製品の価格も上昇します。
 
 決済は米ドルやユーロで行われることが多く、その分通貨を用意する必要があり、前よりも多くの円が必要になるということです。
 


しかし、すでに全ての投資を終え果実(利子、配当などのインカムゲイン、株高などのキャピタルゲイン)を受け取る方ならともかく、余りに急激な円安は、未だに投資を続ける私にとってはそれほどいい傾向ではありません。

理由1:中国株を買う際に円から香港ドルに替えなければならないが、その際のレートが高くなる(昔は1香港ドルに替えるのに14円で済んだのに、今では15円近くかかる)。

理由2:外国為替証拠金取引(FX)の場合、ここまで上がるとどうしても円高を警戒せざるを得なくなる。たとえ金利差で有利であっても、為替レートで逆転(円が高くなり、円換算した場合に受け取る額が減ること)することも考えられる。

理由2については、日本円を絡ませない方法もありますよね。
例として、米ドルと豪ドル(もしくはNZドル)。手数料は別として、資源国の通貨は利用価値大ですね。

これからも注視していきます。
スポンサーサイト

サラダ(日本株/経済)    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
難しいですね・・・ Posted by bistrostocksmanager
無論、そうだと思います。
そうはいっても、「金利政策」「(資源国については)その資源の需要」これぐらいは眺めておきたいですね。
2005.11.07 Mon 00:09 URL [ Edit ]
トラックバックありがとうございました Posted by 水瀬ケンイチ
海外資産に投資しているので、為替は注視しなくてはいけないと思いますが、為替の予想は不可能と考えているので、できるだけリスクヘッジできるようなポートフォリオにしておいて、あとは見ているだけです。。。弱っ
2005.11.06 Sun 23:37 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/126-c0fe750b

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。