金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.11.09 Wed
石炭価格と電力・熱価格の連動
 こんばんは、管理人です。

 国家発展・改革委員会(国家発改委)は、今年6月に実施した発電用石炭価格と電力価格の連動制度に続いて、石炭価格と熱供給価格を連動させる制度を導入する方針を発表しました。

 主な内容としては、①石炭出荷価格の変動が10%以上になった場合、熱供給価格をこれに呼応して調整すること、②暖房熱の供給価格を上げる場合は、公聴会を開いて一般から意見を募り、低所得層にも配慮すること、が挙げられます。


 中国ではここ数年、石炭価格が高騰しているにも関わらず、熱供給価格は据え置きの状態が続いています。価格を上げたくても上げられない多くの熱供給事業が赤字経営を強いられているとのことで、長期的にみて必要なエネルギーがキチンと供給されない状況は中国の経済にも確実に影響を及ぼします。国家発改委は、本格的な冬が来る前に、先手を打った形となりました。

 ちなみに、先に導入された「発電用石炭価格と電力価格の連動制度」により、今年1-9月の発電用石炭価が1トン当たり35元(前年末と比較し+15%)、中国全土の電力価格は1000kw/hあたり2.52元引き上げられており、これにより電力価格に転嫁できるようになった電力会社は、増益を確保できる見込みです(私はずいぶん前に売却しましたが、華能国際電力(0902)の目標株価見直しもあるかもしれませんね)。
スポンサーサイト

フィッシュ(中国株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/132-51ae0f44

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。