金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.11.22 Tue
ナンバーポータビリティ、来年11月導入へ。
総務省は22日、利用者が契約する携帯電話会社を替えても、現在使っ ている電話番号が変わらない「ナンバーポータビリティ(MNP)制度」について、来年11月1日付で携帯会社に導入を義務化する方針を決め、情報通信審議会に是非を諮問したとのことです。

 来年秋には、ソフトバンク、イー・アクセス、アイピー・モバイルの3社が携帯事業へ新規で参入します。ソフトバンク(Yahoo!BB)がADSLで脅威の低価格で話題をさらった実績もあり、来年は2000年のマイライン以上の激烈な競争が展開されそうです。

そうはいっても、携帯電話会社を変えるのは結構難しいのではないかと思います。というのはこんな阻害要因があるからです。
①.携帯番号は変わらずともドメインは変わるから

 携帯のメールアドレスには、xxxx@docomo.ne.jp、xxxx@ezweb.ne.jpなど後ろにドメインが付きます。さすがに携帯の番号が変わっても、ドメインを変えないわけにはいかないのです。でも一日に何通(あるいは何十通)もメールをする場合、これは抵抗があるでしょう。また携帯電話会社に依存したアプリ、コンテンツを持っているユーザーも、解約には踏み切れないでしょう。



②.割引プランがリセットされるから

 ①よりもさらに影響が大きいのがこれ。長年同じ会社に加入しているお客様にこそ、割引率を大きく適用してその囲い込みを図っているのです。家族などでまとめて入っている場合には尚更です。となると後発の会社は、①新規獲得(今まで携帯電話を使ったことのないお客様)にかける、②他社のお客様にいきなり3割引、5割引などを適用するといった荒業に出るかもしれません。となれば他社も追随し…という、あのマイライン以上の競争になるのかもしれません。
スポンサーサイト

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/167-a1e983be

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。