金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.12.02 Fri
FX:ついに欧州も利上げの方向、米国も好景気持続へ
 低金利据え置きの日本を尻目に、欧米が着々と利上げを進めています。
 
 欧州中央銀行(ECB)は1日、ドイツ・フランクフルトで開いた定例理事会で、ユーロ圏12か国の主要政策金利を、現在の年2・0%から0・25%引き上げて年2・25%とすることを決定しました。

 また、1日のニューヨーク外国為替市場で円安・ドル高が進み、2003年8月以来約2年4カ月ぶりに1ドル=120円台に乗せました。1ドル=120円37銭まで上昇しています。米景気の強さを示す経済指標を受け、日米の金利差が拡大するとの観測から円売り・ドル買いが続いています。

 1ドル=120円台というのは本当に久しぶり。日本国内は株価が上がっているから円安でもいいのかもしれないですが、中国株を買う身としてはどんどん厳しきなる一方です。でもFXは米ドル/円、ユーロ/円など、スワップを当てにした長期投資も妙味がありますよね。

 
スポンサーサイト

ミート(FX)    Comment(2)   TrackBack(1)   Top↑

Comment
Posted by 管理人
コメントありがとうございます。
利率の上げ下げの是非については日経はじめ各紙で色々触れていたんですが、アップする時間もままならない有り様で・・

でも海外にも目を向けた継続的投資家なら、明らかに円高の方が有利ですよね。無論FXなど両睨みの利く商品は別ですが。
2005.12.04 Sun 09:17 URL [ Edit ]
うれしいですね Posted by 水瀬 ケンイチ@ネットカフェ
日本だけでなく、米国の調子が上がってきたので、米国中心の僕のポートフォリオは潤ってきました。
中国にも頑張ってほしいですね!(^^)
2005.12.03 Sat 17:45 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/186-9377c879
-
管理人の承認後に表示されます
2005.12.05 Mon 00:01

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。