金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.12.26 Mon
セブン&アイ・ホールディングスとミレニアムリテイリングの経営統合について
 セブン―イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂などの持ち株会社「セブン&アイ・ホールディングス」と西武百貨店などを傘下に持つ「ミレニアムリテイリング」は25日、経営統合することで方針を固めました。

 セブン&アイがミレニアム株を取得する形の統合で、事実上の買収。統合後の売上高は4兆5000億円に達しイオンを抜いて国内小売業トップで、新たな流通業界の再編につながる可能性もあります。
 経営統合が実現すれば、百貨店とスーパー、コンビニエンスストアなど小売業としてのラインアップがそろった総合流通グループになり、これにアイワイバンクも加われば金融までメニューが揃うことになります。一方西武百貨店は、大手百貨店「そごう」を救済。経営が悪化していた西武百貨店自身も、05年2月期には171億円の経常利益を上げ、債務超過状態を解消しました。いわば身綺麗になった状態になっています。

 セブン&アイとミレニアムは、相互の弱点を補完するとともに、百貨店とスーパーの相乗効果を生かし将来の成長戦略を描くため、提携にとどまらず経営統合すべきだとの判断で一致したとみられます。
スポンサーサイト

サラダ(日本株/経済)    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
突然で恐縮ですがご招待です Posted by 素町人@思案橋
 「セブン&アイ/西武百貨店/そごう」に関するクイズを作りました。
「日本一の大小売業者(?)の誕生。では世界一はどの会社?」
簡単すぎましたか (^^;)
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
→ http://blog.q-q.jp/200512/article_120.html
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)
2005.12.26 Mon 10:59 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/250-3209e829

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。