金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.09.05 Mon
中国株:非流通株問題、解消へ
 こんばんは、管理人です。

 本日は、揉み合った香港市場と比較し、本土株は、中国証券監督管理委員会が、今話題の非流通株問題の解消のために動き始めたことを好感し、改革候補と思われる株式を物色する動きになったようです。

 非流通株の問題は、ひと昔前の日本のNTT、JRの民営化と重ね合わせていただければ分かると思います。
 ご存知の通り、競争が無いが故に、非効率な経営と数多くの従業員を抱えたまま、莫大な資産を抱えた公社(電電公社、国鉄、専売公社)は、1980年代半ばより民営化されます。
 しかしながら、日本国内には民営化に懐疑的な空気もありましたので、政府が一度全株式を保有し、少しずつタイミングを見計らいながら市場に放出することで、徐々に民間会社に移行したのです。

 もし全株式の3分の2以上を政府(あるいは政府系企業)が抱えていたら、その企業は政府の顔色を伺うようになり、自由な経営が行えません。また市場に出回る株数が極端に限られれば、値動きも歪なものとなります。当然、欧米を中心とした機関投資家も、思い切った買い増しが出来なくなります。

 これを解消するために、中国政府は自ら音頭をとった上で、少しずつ自らの持つ株(非流通株)を市場に出し、市場への信頼を回復しようとし始めたのです。
↓もしお役に立てたようでしたら、応援&クリックお願いしますね!
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

フィッシュ(中国株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/27-a0426f51

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。