金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.01.16 Mon
日経ビジネス-偏狭の金融
20060115221818


最近、経済週刊誌として「日経ビジネス」をよく読んでいます。

他の経済雑誌と比較して、文体が平易で読みやすいこと、スポーツ関係の記事も多くてとっつきやすいことなど、読んで引き込まれることが多いのが愛読する理由です。

新春特大号では、「辺境の金融」という興味深い記事がありました。

これはどういうことかというと、本来役務の提供先から提供元に支払われるべき代金で間に入り、その手数料を生業にしているビジネスです。

例えば、売掛金であれば資金を回収できるのが2、3ヶ月かかりますがそれを解消したり、本来は借りることが出来ない企業・人に代わって与信を与えたり、銀行の審査を代行したり、などです。

フィデックは、ドンキホーテとの取引で、伝票検証の代行を行うことで、ドンキの取引先に売掛金を先払いすることで業績を伸ばしました。

リプラスは、大家(住宅管理会社)に家賃保証を行うことで、保証人のない入居者に住居を提供しています。いまや「リプラス有」というのは不動産賃貸の普通の用語として扱われています。

リスクモンスターは、手形の振り出し先の信用照会を金融機関に代わっておこなうことでビジネスにしています。


これらの企業は、取引先との取引の中でビジネスチャンスを模索しており、ビジネスを始めた段階では「行ける!」という確信を持っていたのが強みです。

「役務の提供もとの与信力が抜群ならば、売掛金を肩代わりしても問題ない(フィデック)」
「きちんとフォローすれば、そうそう家賃を滞納するものではない(リプラス)」
「手形を出した企業の与信調査を、金融機関以外が扱うことが可能(リスクモンスター)」


どれを見ても、常識の裏側をしっかり見つけたからこその発見です。本当に為になります。
スポンサーサイト

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/282-6387d5b1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。