金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.03.04 Sat
Jリーグ:2006開幕節 ガンバ大阪 vs 浦和レッズ
 こんばんは、管理人です。
 花粉が急激に増えた気がします。ホントにつらい季節ですね。
 
 さて、注目のJ開幕戦をテレビで観戦しました。
 メンバーは以下の通り。


○G大阪 1-1 浦和
[先発メンバー]
G大阪:藤ヶ谷、山口、シジクレイ、明神、遠藤、橋本、加地、家長、二川、マグノアウベス、フェルナンジーニョ。

浦和:都築、闘利王、堀之内、坪井、鈴木、長谷部、山田、三都主、小野、ポンテ、ワシントン。


 まずは開始早々2分、右サイド山田からの丁寧なクロスをワシントンがヘッドで決め、あっさりと浦和先制。

 浦和はワシントンにボールを預け、後ろから小野、長谷部、ポンテが入れ替わりで攻撃参加。特にポンテとワシントンの動きがよい。お互いが懐深くキープするため、三都主や山田が安心して駆け上がり、さらに厚みが増す格好。
 
 対するG大阪は遠藤を起点に、右の加地、左の家長にボールを預けてサイドからの攻撃が起点。また、前線のフェルナンジーニョやマグノアウベスのドリブルからの攻めも脅威。加地が前線深くまで攻め込み、積極的なプレーが目立つ。

 このまま前半は終了。わずかに浦和が優勢か。



 後半、積極的に追加点を狙う浦和は闘利王が積極的にオーバーラップ。ただでさえ厚い浦和の攻撃陣がさらに分厚くなり、二次、三次とG大阪を攻め立てる。G大阪もセットプレーなどで応酬するものの、ゴールまでは至らない。

 67分、遠藤からの裏へのパスを加地が胸で綺麗にトラップし、三都主をかわして左足でゴールに叩き込む。一連の流れが美しい、価値ある同点ゴール!

 この後浦和は永井、G大阪は播戸が入りポンテやマグノアウベスのシュートがポストやバーに当たるなど惜しいチャンスが何度も続く。しかしこのままタイムアップ。

 両者痛み分け。共に「想定内」の勝ち点1か。

 それにしても楽しい、激しい、濃密な90分。スタジアムに駆けつけた超満員のサポーター期待に応える、最高の試合でした。 

MOM:加地 亮
スポンサーサイト

ビール(サッカー)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/334-d384a776

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。