金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.03.06 Mon
日本株:大型買収相次ぐ
 こんばんは、管理人です。

 最近、日本企業による海外企業(またはその子会社)の買収が盛んに報道されています。


 まずは東芝による、米原子力プラント大手ウエスチングハウス(WH)の買収です。世界的なエネルギー需要増大で、原子力の市場規模が2020年までに現在の5割増にあたる9兆円規模に拡大すると予測した上で、世界で主流の加圧水型軽水炉(PWR)技術を持つWHの買収で事業を強化するというものです。買収額は54億ドル(約6,200億円)で、東芝は他社との共同出資とし、自らは51%以上を出資するとのことです。
 確かに中国・インドと、エネルギーの需要は右肩上がりなのは明白ですが、果たしてそれを埋めるのが原子力なのでしょうか?一度事故があれば、世界的な原子力離れが起こり、数年、数十年単位で後遺症が残るというリスクもありますが、事故さえなければ火力などよりもクリーンな手法ともいえますね。


 次は日本板硝子。先月末、ガラス業界世界3位の英ピルキントン社を買収し、完全子会社化することで合意したと発表しました。売上はピルキントンは約5,000億円、日本板硝子は2,600億円。「小が大を飲み込む」買収です。買収額は約18億ポンド(約3,585億円)の見込みです。
 ピルキントンはヨーロッパは無論、中国にもその子会社があり、現地ごとに自動車メーカーへのガラスの供給体制を整えることが出来ます。トヨタ、日産など生産拡大傾向にある日本の自動車メーカーの動きの恩恵を受けることが出来るという読みなのでしょう。


 そして真打ちは、ソフトバンクによるボーダフォン日本法人買収計画です。新規参入したものの、既存のインフラがなく、このままでは今秋からのMNP(モバイルナンバーポータビリティ)に立ち向かえないと判断したのでしょうか。
 対するボーダフォンも、ヨーロッパと違う日本の携帯電話の趣向に戸惑い、これ以上の事業継続は困難と判断したのでしょうか(注:昨秋よりLOVE定額などの新サービスで、持ち直してはいます)。  
 
 なお、投資額は1兆円とも2兆円とも言われています。


 これだけの買収が進むということは、少なくとも日本の有力企業の投資意欲がかなり前向き・積極的になったと考えられます。こうしたことからも景気回復の方向性が見て取れます。それで、私が興味があるのは、以下の点です。


 ①資金調達はどうするのか。借入か、増資か、
 ②市場がどう評価するのか。端的に言えば、買収側の株価がきちんと上昇するのか。
 ③そして最後。きちんと相乗効果を発揮し、果たして買収が成功だったといえるのか。


 この辺はだいぶ先にならないと分かりませんね。


 ちなみに、日本企業が外資を買うということは、日本円を現地通貨に替えなければいけませんので、短期的には円安に繋がると思います(無論、FXの世界で動く資金量とは比べるべくもありませんが)。

人気blogランキングへ投票をお願いします
スポンサーサイト

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/337-e8309e86

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。