金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.03.11 Sat
量的緩和解除後の影響①~金利はどうなるの?~
 おはようございます、管理人です。

 日銀も言っている通り、量的緩和解除は行われたものの、当面金利引き上げはない模様。ということは、政策の変更のみで実利には影響はない模様。
 ではその結果、どのようなことが起こるのでしょうか?多くの新聞・雑誌にいろいろ書かれていましたが、おおむね以下の意見に集約されていた気がします。


 ①預金金利は上昇せず。

 銀行からすれば、個人からほぼゼロ金利でお金を預かり、企業には低利率とはいえ金利を付けて貸し出すことで、利ザヤを稼ぐことが出来る。ところが企業は社債・株式発行など別の資金調達手段も持っているので、おいそれと金利を上げることが出来ない(逃げられるしね)。ということで、供給元の預金の金利も上げられないということ。

 ②住宅ローン金利は上昇する。

 「当面は金利引き上げなし、でも将来的には金利上昇確実」なら、短期的には中立(金利上昇なし)、長期的には金利引き上げの方向。これって、「変動金利=短期、固定金利=長期」と読み替えればその意図が分かるのかな。


 ということは、①の預金金利も「定期預金=金利上昇、普通預金=金利上昇なし」と考えればいいのか?でも同じ記事で長期・短期を使い分けるなんておかしな話。

 まあ、預金もローンも当分関係のない話なので、どっちでもいいか。

人気blogランキングへ投票をお願いします
スポンサーサイト

チーズ(日米欧BRICs全般・総合)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/341-1c81047f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。