金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.08.07 Mon
株式譲渡益税、配当税の軽減は進むか?
 こんばんは、管理人です。

 ご存知の通り、私は中国株に関しては中長期的な視点から売買しています。このまえ「デンウェイ・モータース」を売却しましたが、1年以上たっても上昇の兆しを見せないからです(ちなみに、事実上の損切りです)。

 日本の証券税制は、現在のところ不況時の活性化を目的とし、譲渡益・配当とも10%にとどまっています。2008年度より20%に上昇する予定でした。
 今日の日経の記事では、1年以上の長期保有後の売却益については10%に据え置くのがいいのではという意見が出ているとのことでした。

 私としては、制度上は無論大歓迎です。またデイトレなどの隆盛により不当といえるまでに負荷がかかっている市場システムに対してもプラスに働く。東証等ももっと長期的なシステム構築が望めるかも。企業としても安定株主は喉から手が出るほど欲しいし、海外でも一定の基準で長期保有を優遇しておるとのこと。

 しかし、です。これだけの理由で長期保有と(デイトレをはじめとする)短期売買とに差をつけるのはいかがなものかと思います。なんだかんだいっても取引高の増大はそれだけで市場に活気を与えていたし、証券業界も潤ってきた。なにより、記事の出所が日本経団連であり、少し企業よりの論理であることは否めません。

 力強さを欠いたままの日本経済ですが、どのような結論になるのでしょうか。

 今日のひと言:パロマの湯沸かし器の回収呼びかけのCM,ナショナルにソックリだ。パロマの責任範囲が分からないのであれこれいえないが、全家庭に葉書を出した(ウチにもきた)ナショナルの真摯な態度とは比べるべくもないな。
(ここをクリック)人気blogランキングへ投票をお願いします。
スポンサーサイト

サラダ(日本株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/483-fe885876

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。