金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.10.05 Wed
素材関連株、小休止か!?
こんにちは。
中国株の話です。

●ゴールドマン・サックス証券はこのほど、江西銅業(0358)の投資判断を「アウトパフォーム」から「インライン」に引き下げた。
●同証券は、このところの本土での需要増大を受けて、江西銅業の株価が急伸したことについて、「国内の銅供給量は19%増加しており、需要増は一時的なもの」として、同社株の投資リスクは高まっているとの見方を示した。
●なお、同証券は2005年、2006年の利益見通しをそれぞれ17億4,300万元、18億600万元に据え置いている。


●UBS証券はアルミメーカー最大手中国アルミ(2600)について、投資判断を従来の「買い」から「ニュートラル」に引き下げた。4日付で香港・経済通が伝えた。
●また、中国アルミの設備投資額について、2006年と2007年の予想を33%、20%引き上げた。EPS(1株当たり利益)予測についても、それぞれ従来の0.58元、0.41元から引き上げて0.63元、0.57元としている。
●ただし、同社のM&A(合併・買収)戦略には否定的で、生産能力の拡大はできても、製品価格の引き上げにはつながらないとの判断を示した。目標株価は、従来の5.5HK$から5HK$に引き下げている。

両方とも、トップメーカーである限りは持っておいて損は無い素材株ですし、現株価も決して高くは無いと思います(ともにPER10倍前後)。特に、米アルコア社(世界最大のアルミメーカー)が株式を持つ中国アルミは、配当も3.59%あり(2004年度期末配当)手堅い会社だと思います。
スポンサーサイト

フィッシュ(中国株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/55-88a08b50

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。