金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.11.28 Tue
そこに、金融庁の目が光る
金融庁が銀行の投融資のリスク算定を見直すと書いてあります。ファンド向けの投資には厳しい目を向けるということ。

コレ、疑問があります。何で金融庁がそこまて躍起になるのか。BIS規制に名を借りて、投融資が海外に向かうことを規制したいのが本音でしょう。PALCOMさんのブログにもあるとおり、マネーロンダリングを含む犯罪防止が目的とはいえ、振り込みにも極めて厳しいハードルが掲げられるようですしね。

 また、リスクの算定にもおかしいところがある。個人の住宅ローンが焦げ付く可能性が少ないのは理解できるが、地方自治体への貸し出しのリスクはそんなに低くはないのではないか。現に財政的に死に体の自治体もかなりあるはずだ。国債だって抱え過ぎるリスクは必ずあるはずだが、それはお咎め無しなのか。

 いずれにせよ金融庁が着々とその存在感を高めつつあるようです。
(ここをクリック)人気blogランキングへ投票をお願いします。
スポンサーサイト

パスタ(ファンド・投資信託)    Comment(2)   TrackBack(1)   Top↑

Comment
確かに Posted by bistrostocksmanager
 中国株はUWJで運用しているのですが、HKDへの両替の手数料レートが厳しいので、正直つらいなと思っていました。
 でも確かに、むやみやたらに海外に送金するのはおかしな話だし、また日本に戻すのも無駄な気がします。海外旅行で外貨を使う程度は置いておきたいですが。

 日本で買える商品は、多少手数料がかかろうとも、無理して海外で買う必要は無いかもしれませんね。
2006.12.03 Sun 23:53 URL [ Edit ]
Posted by PALCOM
ビストロストックさん、こんにちは。

おっしゃるとおり、特に現金に対する包囲網は厳しくなり、海外から日本に資産を戻すことは難しくなるでしょう。

海外に出した資産は日本に戻さない。これに尽きると思います。
2006.12.03 Sun 12:30 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/552-1595490e
-
管理人の承認後に表示されます
2007.03.16 Fri 04:04

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。