金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.01.02 Tue
ファンドに求めるもの
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 さて、年末に日経の記事で、配当型ファンドの代表格であるグローバル・ソブリン(GS)の資金流入が止まった、つまり流出の方が増えたとの記載がありました。
 GSは、その投資対象が「先進主要国の国債や格付けA以上の政府機関債」であり、毎月40円(年間480円)の配当があるのが特徴です。12/29現在の基準価格13,713 円ですので、単純な配当率は3.5%になります。
1/3訂正:モーニングスターでは、配当を再投資にまわしたと仮定し、2006年では5.8%のリターンがあったとはじき出しています。これはTOPIXのリターン(4.35%)を上回っています。ただし、一昨年(2005年)のリターンは、TOPIXには及びません。

 日経はその要因として以下のように推測しています。いずれにせよ、配当があることを肯定的に捉えていることが理解できます。


 1.日本人には配当型ファンド、それも配当額が多いほど人気になる傾向がある。
 2.GSの成功以後、同類の配当型投資信託が数多く設立された。
 3.1、2の結果、相対的にGSより魅力のあるファンドへ資金が流れた。

 3.5%というのが非常に微妙な水準ですが、ご年配の方には十分な水準なのかもしれません。しかしながら若年層に適しているかといえば疑問もあります。「GS購入年齢層」「配当に廻さなかった場合の基準額の変動」はどうなのでしょうか、知りたいところです。
スポンサーサイト

パスタ(ファンド・投資信託)    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
ありがとうございます。 Posted by bistrostocksmanager
どうやって投資先を決めているのでしょうね?

例えば投資先をG8参加国とし、等価で投資すればユーロの比率が高まりますね。
でも日本も入っており、資源国であるカナダ、資源国かつ新興国であるロシアも入っているので、結果的には為替リスクは分散される、というところでしょうか。

金利リスクは…ちょっと分かりません。
2007.01.03 Wed 23:59 URL [ Edit ]
Posted by PALCOM
リスクとしては、為替リスクと金利リスクがありますが、特に、複数の国の国債に投資しているので、為替変動による影響を予想しにくいと思います。そもそも、グロソブ購入者は為替リスクをあまり深く考えていないような気もするのですが、これは偏見でしょうか?
2007.01.03 Wed 23:15 URL [ Edit ]
Posted by bistrostocksmanager
そうかそうか、

「グロソブ」=アクティブファンド
「外国債券インデックスファンド」=インデックスファンド

両者のパフォーマンスが同じなら、前者を選択する必然性は無いですものね。

2007.01.03 Wed 23:04 URL [ Edit ]
Posted by 水瀬 ケンイチ
逆におうかがいしちゃいますが、ベンチマークのインデックスと同程度のパフォーマンスしか出せないアクティブファンドに、何か利点はあるのでしょうか…?(^^ゞ
2007.01.03 Wed 22:54 URL [ Edit ]
水瀬さん、ありがとうございます!! Posted by bistrostocksmanager
ちなみに「僕なら外国債券インデックスファンド」というのは何を以ってそうおっしゃっているのでしょうか?
ポートフォリオを組むに当たって、グロソブよりも投資先が明確なので分かりやすい、ということなのでしょうか?

自分のブログで質問ばかりしてすみません(笑)。
2007.01.03 Wed 22:10 URL [ Edit ]
Posted by 水瀬 ケンイチ
グロソブのベンチマークは「シティグループ世界国債インデックス」です。
ボロクソに言われるグロソブ(毎月決算型)も、1年決算型で見れば、そんなにボロクソでもないなぁ、ということが申し上げたかったのです。
まあ、僕なら外国債券インデックスファンドにしておきますけど (^^ゞ
2007.01.03 Wed 21:33 URL [ Edit ]
ありがとうございます。 Posted by bistrostocksmanager
PALCOMさん、ありがとうございます。

ご指摘通り、「先進主要国」「国債」「格付」という言葉がちりばめられていること、あとは配当が定期的に出ること(=毎月決算型)。これにより、各種メディアが実体以上にプッシュしやすい要素なのかもしれません。

ちなみにPALCOMさんのいうところのリスクとは「為替変動」「頻繁な配当による基準価額への影響」というところでしょうか?
2007.01.03 Wed 20:13 URL [ Edit ]
Posted by PALCOM
私もその記事は読みましたが、予想通りというか、単純に配当額が多いほど人気が出る傾向があるようです。高齢者にとっては、毎月分配もそれなりに意味があるかもしれませんが、分配額だけに注目して、基準価額の減少リスクを無視している投資家が多いのではないでしょうか?グロソブは初心者向けのように思われがちですが、国内株式型の投資信託に比べて、多様なリスクが含まれていることに注意すべきです。

2007.01.03 Wed 20:02 URL [ Edit ]
ありがとうございます。 Posted by bistrostocksmanager
毎月決算型以外にも様々なパターンがあるのは知っております。モーニングスターにもきちんとそのリターンをはじき出していましたので訂正します(リターンは5.8%とされていました)。

ちなみここでいうベンチマークとは、何を指しておられるのでしょうか(ETFに関しては未知の世界ですので…)
2007.01.03 Wed 19:57 URL [ Edit ]
Posted by 水瀬 ケンイチ
ご存知だと思いますが、グロソブには毎月決算型以外にも、3ヶ月決算型、1年決算型があります。
1年決算型の基準価額推移なんかが、「配当に廻さなかった場合の基準額の変動」に対して少しは参考になるかもしれませんね。
ちなみに、ベンチマークに対してなかなか健闘しているようですよ。
2007.01.03 Wed 12:04 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/567-b1f7f575

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。