金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.01.29 Mon
NHKスペシャル~インドの衝撃 第2回 脱貧困11億の消費大革命~
 要旨は以下の通り。
 
4年前にゴールドマンサックスから発表された「BRICsリポート」。インドでは中間層が20%から34%に増加。結果、3.7億人の中間層がいることになる。それらが一気に消費に目覚める、結果として爆発的な消費が生まれる。

 インド消費の象徴、全国展開した「BIG BAZAAR」。従来の個人店舗では到底提供できない、清潔感溢れたフロアに大量の商品を陳列する。
客は少々値段が高くても買っていく。消費するために稼ぐ、そして夫婦共稼ぎも徐々に受け入れつつある。

 従来のインド特有の価値観が絶対ではない。欧米風のセンスも徐々に受け入れられている。日立現地法人でも現地の価値観の変化に苦慮している。機能だけではなく、デザインも同時に求められる。消費者のレベルも非常に高いといってよい。

 一番驚いたのが、消費レベルが(先行していると思われている)中国と比べても遜色ないようにみえること。人口の多さを考えれば、その購買力には注目せずにはいられない感じ。

 明日は最終回(政治パワー)ですが、これはパスします。ご覧になった方、是非感想を聞かせてくださいね。
スポンサーサイト

スープ(インド株/経済)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
インドの問題 Posted by bistrostocksmanager
農村に根強く残るカースト制度、貧富の差の拡大、中国ほどには市場を開放していない点(外からは原則ADRしか買えない)、宗教対立(パキスタンとの対立も含む)、食糧問題などでしょうか。

一方、米国やロシアに対して比較的中立につきあえ、中国ほど政治的なリスクは少ないと思います。

このような問題を抱えながらも、今のインドにはそれを打ち消すパワーがありそうですね。

伊藤洋一氏の本は読んでみたいです。
2007.02.01 Thu 23:04 URL [ Edit ]
Posted by MAT.N
どもども。

中国は共産党一党独裁なので、「強権で押さえ込む」事ができますが、インドは民主主義であるため、それもなかなか難しいというあたりも悩み所かもしれません。

BSのドキュメンタリーは欧州のTV局がつくったものを流すようで、結構ホネがありそうです。BS見られないので指をくわえてますが。
中の一篇が、今回のN特ネタでもあった綿花のハイブリッド種子がテーマみたいです。
日経から出ている伊藤洋一さんの本「ITとカースト―インド・成長の秘密と苦悩 」あたりを読んでも農村問題がインドのネックみたいですね。
2007.02.01 Thu 11:01 URL [ Edit ]
MAT.Nさんありがとうございます Posted by bistrostocksmanager
MAT.Nさん、初めまして。
第3回放映分のレポートありがとうございます。
飲みのため見られませんでした。
今となっては録画しておけばよかったと思います。

米欧露の狭間でうまく立ち回り、したたかに自らの地位を確立する一方で、国内では貧富の差により不満が生まれ、それを押さえ込もうと躍起になる。このあたり、中国とも似ているのでしょうか。

BSでは、もっと他に、インドに関するいろいろなドキュメンタリー番組があるみたいですね。

2007.01.31 Wed 23:22 URL [ Edit ]
インドの衝撃 その3 Posted by MAT.N
核爆弾の開発で、アメリカから経済制裁をうけていたのを、ロビィ活動など駆使して、米印核協力にもっていくタフネゴシエーターなインドが前半。

対して後半は、グローバリゼーションで、ハイブリッドの高い種子をかわされて貧困に落ち込む農村。それに対して抜本的な対策がうてず、物品を配る小手先の衆愚政治を行う政治家が出てきます。

困窮する農民は政策の埒外であることに怒り、経済特区の開発に反発を初め、インド全体の経済成長に対する足かせにもなりかねない・・というあたりでシメてました。

その3も結構見ごたえあったかと思います。
2007.01.31 Wed 11:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/582-9fea4adc

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。