金融商品の投資により、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い。中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託)も取り扱います。
オードブル(読書) | サラダ(日本株/経済) | スープ(インド株/経済) | フィッシュ(中国株/経済) | ミート(FX) | パスタ(ファンド・投資信託) | チーズ(日米欧BRICs全般・総合) | ワイン(自転車・自動車) | ビール(サッカー) | バター(釣り) | パン(その他スポーツ) | デザート(JAZZ) | コーヒー(その他) | 未分類 | 
ビストロ・ストック~中国株、インド株、日本株、FX、ファンド~
≪2005.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2005.09≫
☆ランキングに投票☆
ブログ検索
アクセスありがとう!

トータル訪問者数
うち昨日
うち本日

管理人プロフィール
サラリーマン投資家として、中国株、FX(為替証拠金取引)中心に、インド株、日本株、ファンド(投資信託)にもガンガン突っ込んでいきたいと思います。

bistrostocksmanager

  • Author:bistrostocksmanager
  • マイブログへようこそ!せっかくですので、皆さん一緒に投資(中国株、日本株、インド株、FX(為替証拠金取引)、ファンド(投資信託))の勉強しましょうね(写真:某山頂より富士山、山中湖を眺める図)
カテゴリー
RSSフィード
関連ブログ・相互リンク先
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
最近のトラックバック
私の勉強部屋
日ごろ参考にするリンク先を入れています。
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.10.25 Tue
中国株:中国糧油国際(コフコ 0506)の株価下落の要因は?
 こんばんは、管理人です。

 中国糧油国際(コフコ 0506)の株価下落が続きます。その要因は何なのでしょうか。

 2005年6月中間決算は、売上高は前年同期比5.21%増の78億6,028万HK$。純利益は同72.65%増の2億398万HK$と好調でした。

同社は製油、ワイン、製菓、製粉、食品(麺類)の5部門から成り立っていますが、ワイン事業(「長城」ブランド)の利益大幅増、および製油の利益改善(赤字から黒字へ)が主な増益要因でした。

中国のこれからの食品業界が有望でないはずはありません。製菓(チョコレート「金帝」ブランド)、製油(「福臨門」ブランド)など、そのブランド力は絶大です。

 しかしながら、最大の売上を占める製油部門の利益が大豆の国際価格(天候とそれに伴う収穫高)に依存しており、その体質が変わらない限り急激な良化は困難なのでしょうか。

 PERは、2005/12通期経常利益予想の4億1,000万HK$に対し、3HK$で約13倍。2HK$迄下がれば十分妙味はありそうです(そんな下がるとは思えませんが…)。



スポンサーサイト

スープ(インド株/経済)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://bistrostocks.blog19.fc2.com/tb.php/94-2ef84701

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。